ひとりごと

Photo

▲ 画像1

記事一覧

第3次ビリヤードブーム?

Myタップ

テストドライバー

新年のご挨拶

カレンダー&カタログ

オーダーキュー

これが真のブルータップ

タップ開発についての学び

タップ開発中??

ポケット再開

ひとりごと再開します

キャップの値打ち

食欲の秋!!

1本のシャフト

時代はカスタムオーダー

イワオヒシヌマのしまらない話

雪かき

今年もご登録お願いします

《続》DOURAKU

DOURAKU

蘇る青春#1 改

Tadさんとの想い出(リペア)

修理のご依頼

Bill Stroud Part.2

Bill Stroud Part1

カーボンについての自説

カスタム 昔ばなし

トライ&エラー!!

あけましておめでとうございます。

スリークッションが面白い!

カタログ完成いたしました!!

Barryとの会話。

想い

Sunrise Sunset

ひとりごと

ハスラー9

大事なのは…??Sさんのシャフトpart2

少年よ大志を抱け!!

Sさんのシャフト

ブレイクキュー

GP Breaker !!

10ボールの試合を観てきました

春ですよ

改・パワーのあるキュー

キューはスポーツ用品

お願い

悩み

素材

ひとりごと再開♪

修学旅行

シャフトを育てる

スリーのキューについての考察

ひとりごとの訂正文

スネークウッドは木が命

テーブルの難易度

今年の漢字「三」 英語ではThree!!

1にMaple、2にMaple。

9Hearts

George Balabushkaはキューメーカー!!

I Loved 本ハギ4剣

進化論

キュー作りを始めて学んだこと

ご報告

カスタムキュー考4 『コアするフォーチュンキュー』

リペアワーク 3態

カスタムキュー考3

カスタムキュー考2

カスタムキュー考1

いま、青春!!

第1回 TOC Japan  回想

ハイテクシャフトの素晴らしさ!!

3本のCarom cue

最新情報!

スリーのキュー

カリフォルニアのアイボリーバン

初挑戦

サイクロップのボールと8ボールのテーブル

3月16日、速報!

Life is Good!

The time has come.

あてましておめでとうございます

オ・モ・テ・ナ・シ

壮大な実験(自分的)

難関

【 新年のご挨拶 】

掲載日 2023-01-05

あけましておめでとうございます。
2023年最初のひとりごとを書こうかなと思います。


おかげさまでX'masあたりから作り込み始めた2023’カタログがようやく目途がつきました。いや〜、頑張りました(笑)
毎年のことですが、カタログを実際に作り始めるのは10月の下旬頃ですが、8月9月頃にどうしようか…と一度カタログの原案を作ります。
読み物のテーマもひと通り決めて原稿を書いちゃうの。
それが11月にはまた違った自分がいて、原稿の内容も変わる…、そんなことの繰り返しです。

でも今回は11月初めに下の息子(TAKA)一家が保育園からコロナをもらってきて…子供から大人まで順番に喉が痛い、熱が出た…となりましてね。
ようやくTAKA一家が回復したと思ったら、今度は23、24日頃から上の息子(HIRO)と私がコロナになりました。
幸い熱はすぐに下がってHIROは1週間で復活しましたが、私は解熱後に嗅覚・味覚がなくなって食欲がイマイチでしたね。美味しく食べるって本当に大切なことです。
あとは倦怠感…12月になってもこれがなかなか抜けなくて、原稿を書こうにもさっぱりまとまらなくて…ホントです。

それとやはり8月に書いたものなんて12月にはもう全然興味なくてね。自分で読み返してみてもピンと来ない… そんなものなのよ。
8月にはタップについては何も書いてなかったけど、カタログ最新版にはきちんとタップのことも紹介してます。
タップについて書いてみると、その部分(ページ)だけでは済まなくて、全部のページに少なからず影響が出ましたね。おもしろいもんです。
この辺りはカタログをご覧になってくださいね。
今のスケジュールで見ると…そうですね、20日頃のお届けになるかな、と思います。楽しみにお待ちください。




ちょうど50年前になりますが、私は1972年に最初のマイキューを手にしました。
黒檀フロントのエボエボだったかな?アダムの22オンスのキューでした。知人から馬場のBig Boxで2万円で購入したのですが、まずこれが引けない…。どんな球も引けないの、下を撞いても止まっちゃう… 苦労したね。 
皆周りの人はピューッと引けるのに、私はストップショット。
センターショットも戻ってこないので、振りをつけて横にはじいて横スピンでワンクッションで戻すことを覚えた… こんなレベルだから最初のマス割りまで4年かかり、2度目までまた4年かかった…ホントです。

でも、この20歳前後の経験はその後のおそらく20年程、私の目指すプレイスタイルの原点になりました。
皆がカッコ良くしていたようにドローショット(引き球)を基本として球を組み立てる、ということです。たくさんの方に『基本は押しだよ』と言われましたが、とにかく嫌だった。

この頑固な考えが大きく変わったのはエフレンレイズ。
東京の試合に行くともうエフレンのゲームのレフリーばかりをして、どうして手球の下を撞いているのに手球が前に行くのか…とにかく寝ても覚めてもエフレンでしたね、すごかった。
レネ・クルーズを自分の家にずっといさせたり、リニングを1,2か月家にいさせたりして、彼らから少しでも学ぼうとしたものです。

こんなことをしているうちに、両肩がボールに正対して右足重心だった私のフォームが、左肩が前に出て、左肘が下を向いて両足が縦に並ぶような長いストロークに変わりました。

それから14-1ではいつの間にか押しが中心になり… 横スピンをよく使うように…。これは今のポケットではダメ出しを喰うけど、私は気にしない。腰さえ決まっていれば9も10もローテも14-1も皆同じ。


さぁ、今からまた練習しようかな。


今年もヨロシクお願いします。




2023年 元旦