ひとりごと

Photo

▲ 画像1

記事一覧

DOURAKU

蘇る青春#1 改

Tadさんとの想い出(リペア)

修理のご依頼

Bill Stroud Part.2

Bill Stroud Part1

カーボンについての自説

カスタム 昔ばなし

トライ&エラー!!

あけましておめでとうございます。

スリークッションが面白い!

カタログ完成いたしました!!

Barryとの会話。

想い

Sunrise Sunset

ひとりごと

ハスラー9

大事なのは…??Sさんのシャフトpart2

少年よ大志を抱け!!

Sさんのシャフト

ブレイクキュー

GP Breaker !!

10ボールの試合を観てきました

春ですよ

改・パワーのあるキュー

キューはスポーツ用品

お願い

悩み

素材

ひとりごと再開♪

修学旅行

シャフトを育てる

スリーのキューについての考察

ひとりごとの訂正文

スネークウッドは木が命

テーブルの難易度

今年の漢字「三」 英語ではThree!!

1にMaple、2にMaple。

9Hearts

George Balabushkaはキューメーカー!!

I Loved 本ハギ4剣

進化論

キュー作りを始めて学んだこと

ご報告

カスタムキュー考4 『コアするフォーチュンキュー』

リペアワーク 3態

カスタムキュー考3

カスタムキュー考2

カスタムキュー考1

いま、青春!!

第1回 TOC Japan  回想

ハイテクシャフトの素晴らしさ!!

3本のCarom cue

最新情報!

スリーのキュー

カリフォルニアのアイボリーバン

初挑戦

サイクロップのボールと8ボールのテーブル

3月16日、速報!

Life is Good!

The time has come.

あてましておめでとうございます

オ・モ・テ・ナ・シ

壮大な実験(自分的)

難関

【 Barryとの会話。 】

掲載日 2019-08-29

今朝は久しぶりにBarryと会話した。数か月ぶり。

例によって家族に変わりはないか、今どんな事をしているか…
Barryは私のキューの大ファンだそうで、いつも「写真をくれ!」「デザインを見せて!」…とせがまれる。
私のメンターであるVictorやErnieからは「絶対に他のキューメーカーにはデザインを見せないこと。」と強く言われている。
だが自分にとってはBarryは兄弟も同じ。見せても減るもんじゃない、マネをする訳でもない。

自分のデザインは一度作り上げてから結構移り変わる。昨日までは三角を小さめに入れてオシャレに…と考えていたのだが、今日は楕円(オーバル)を大きく、自己主張したりする、しょっちゅうだネ。
一度バランスよく作ったものを壊すというか、変更するのが好きなのだ。




Barryとは30分も話をしたかな?私の目からはアメリカのカスタムはもう終わっていることを伝え、彼も強く同意。
文化の歴史、積み重ねのないところでは、物作りを続けることはとても難しいのではないかと考えている。
キュー作りを業として開花させたのは自分の国から移民した第一世代、もしくは小さい時に親と移民した第二世代までなのではないか。
よく言われることで思い浮かぶことがある。
“子供のうちにきちんとしたものを食べさせなさい。「舌」は小さいうちにできあがるからネ。”
人間は小さい時から少しずつ丹念にできあがるのよ。質より量、より早く、より安く…といった価値観で育ってしまう彼の国では、もうキューメーカーは育たないと肌で感じている自分がいる。
しなくて良い言い訳を先に頭に思い浮かべる習慣ができてしまうの。
Searingがどうたら、Showmanがどうたら…Barryはまだまだ話し足りないようだね。


さてさて、他の人のことはどうでも良い。
自分達はきちんと、削っては寝かせ、削っては寝かせ、の繰り返しをするだけだ。


ひとりごと、少し間が空きすぎだネ。
現在9Hearts 2019 Whole Season!!を作成中である。

9月には完成する、待っててね♪