ひとりごと

Photo

▲ 画像1

記事一覧

Bill Stroud Part.2

Bill Stroud Part1

カーボンについての自説

カスタム 昔ばなし

トライ&エラー!!

あけましておめでとうございます。

スリークッションが面白い!

カタログ完成いたしました!!

Barryとの会話。

想い

Sunrise Sunset

ひとりごと

ハスラー9

大事なのは…??Sさんのシャフトpart2

少年よ大志を抱け!!

Sさんのシャフト

ブレイクキュー

GP Breaker !!

10ボールの試合を観てきました

春ですよ

改・パワーのあるキュー

キューはスポーツ用品

お願い

悩み

素材

ひとりごと再開♪

修学旅行

シャフトを育てる

スリーのキューについての考察

ひとりごとの訂正文

スネークウッドは木が命

テーブルの難易度

今年の漢字「三」 英語ではThree!!

1にMaple、2にMaple。

9Hearts

George Balabushkaはキューメーカー!!

I Loved 本ハギ4剣

進化論

キュー作りを始めて学んだこと

ご報告

カスタムキュー考4 『コアするフォーチュンキュー』

リペアワーク 3態

カスタムキュー考3

カスタムキュー考2

カスタムキュー考1

いま、青春!!

第1回 TOC Japan  回想

ハイテクシャフトの素晴らしさ!!

3本のCarom cue

最新情報!

スリーのキュー

カリフォルニアのアイボリーバン

初挑戦

サイクロップのボールと8ボールのテーブル

3月16日、速報!

Life is Good!

The time has come.

あてましておめでとうございます

オ・モ・テ・ナ・シ

壮大な実験(自分的)

難関

【 Bill Stroud Part1 】

掲載日 2020-04-02

午前中にBill Stroudが亡くなったみたい、と電話あり。
FBで見てみると、確かに3月11日に亡くなったと出ていて驚いた。
まず、心よりお悔やみを申し上げます。


死者に鞭打つような話と思われる方もいるだろうが、
Billはキューメーカーの間ではすこぶる評判が悪い人だった。
まず良い話を耳にしたことがない。
誰に対しても上から目線で、何でも自分が誰よりも先に作った、と言ってしまう。世界中の皆は自分のコピーをしていると言いたかったのだろう。
だから皆で楽しく話していてもBillが来ると皆散ってしまうことがよくあったね。

特に仲の悪かったのはDan Janes(Joss Cues)であり、Ernie Gutierrez(Ginacue)。
私はそんな裏話はまったく知らなかったので、どこのイベントでも一緒に席を設けた。周囲はヒヤヒヤしていたみたいけど、知らんもんネ。
ICCSにDanを何度も誘ったし、ErnieとBillとお茶飲みもしたもんです。

Billは食事代を払わないことでも有名で、皆で食事してもまず払わない。誰かお金持ちが不足分を払うのを見越していたみたいで、「Billに割り勘でも払わせたらすごい」とは後から教わった。
そう言われて思い返してみると、ウン、確かに毎回私が払っていたな、と気づく。
……でもでも!言わせてもらえば、SchickもSchragerもSzambotiもSearingもShowmanもBarenbruggeもこれは全員同じ。みんな食事代なんて払ったことないじゃないか(笑)。
Scruggsは自分の分は必ず自分、同じくらいか。
Ernieはずっと私の分も全部彼が払っている。今まで全部、数百回、全食!!



皆は色々言うけれど、私はBillからは教わったことがたくさんある。
今から25年も前のことと思う。
JWの古いキューのスペアシャフトが必要で、注文したら1本$800ドルと言う。

それは高すぎる、皆高くても$300〜400だよ、と言ったら
「Lucky、自分は今までたくさんのキューを作っている。$300とかだと、自分の一生はずっとスペアシャフトを作らなくてはならない。だから$800。イヤならやめなさい、こっちも作りたくない。」

私はこの話をとても理解できたので、10本まとめてオーダーした。彼はとても驚いていたネ。




80年代は私の中では一番キューにハマっていた頃で、たくさんのキューを購入して実際に撞いてみた、楽しい時期だった。
その中で私の手に一番合ったのがJossWestだった。
中でも1987年中頃からの台形ネジのアクメピンがとてもしっかりしていて、この頃の彼のキューをたくさん集めたものである。

その後91年頃からラジアルやらユニロックとピンを変えるわけであるが、私の手には全く合わなくてネ…
本人にも強く言ったのだが、常に新しいものを求める彼は聞く耳を持たなかった。

彼は自分で工場にこもるタイプではなくて、女性のヘルパーを雇って作業をさせていた訳で、パイロテッドは手仕事のウデの差が出てしまう。だからユニロックのような簡単な構造に落ち着いたのかな、とも思う(ラジアルを作るのも実はとっても難しいのよ)。



Billは一度、ドイツの人達にNCの設備をまるごと販売して味をしめ、その後、中国にNCの工場立ち上げに関わり財を成した。
食事の時に言われたが、コミッションも含めて30億程を手にしたそうである。工場を離れてこそ、であるネ。


キューメーカーは嘘つきが多いと思う、これホント!!
でも私はBillには一度も騙されたことはない。
Tim Scruggsにも、Ernieにも、である。





ありがとう、Bill Stroud。




安らかにネ。





by Lucky.