ひとりごと

Photo

▲ 画像1

▲ 画像2

▲ 画像3

記事一覧

1本のシャフト

時代はカスタムオーダー

イワオヒシヌマのしまらない話

雪かき

今年もご登録お願いします

《続》DOURAKU

DOURAKU

蘇る青春#1 改

Tadさんとの想い出(リペア)

修理のご依頼

Bill Stroud Part.2

Bill Stroud Part1

カーボンについての自説

カスタム 昔ばなし

トライ&エラー!!

あけましておめでとうございます。

スリークッションが面白い!

カタログ完成いたしました!!

Barryとの会話。

想い

Sunrise Sunset

ひとりごと

ハスラー9

大事なのは…??Sさんのシャフトpart2

少年よ大志を抱け!!

Sさんのシャフト

ブレイクキュー

GP Breaker !!

10ボールの試合を観てきました

春ですよ

改・パワーのあるキュー

キューはスポーツ用品

お願い

悩み

素材

ひとりごと再開♪

修学旅行

シャフトを育てる

スリーのキューについての考察

ひとりごとの訂正文

スネークウッドは木が命

テーブルの難易度

今年の漢字「三」 英語ではThree!!

1にMaple、2にMaple。

9Hearts

George Balabushkaはキューメーカー!!

I Loved 本ハギ4剣

進化論

キュー作りを始めて学んだこと

ご報告

カスタムキュー考4 『コアするフォーチュンキュー』

リペアワーク 3態

カスタムキュー考3

カスタムキュー考2

カスタムキュー考1

いま、青春!!

第1回 TOC Japan  回想

ハイテクシャフトの素晴らしさ!!

3本のCarom cue

最新情報!

スリーのキュー

カリフォルニアのアイボリーバン

初挑戦

サイクロップのボールと8ボールのテーブル

3月16日、速報!

Life is Good!

The time has come.

あてましておめでとうございます

オ・モ・テ・ナ・シ

壮大な実験(自分的)

難関

【 《続》DOURAKU 】

掲載日 2020-11-30

なんと、もう早くも11月30日!!
前回撞楽のご紹介の記事を掲げてから、あっという間に30日が過ぎてしまった!
この1ヵ月で一応塗りと磨きが終わり、キャップもなんとかここまで出来た。
“遅い!!”なんて言わないでくれよ〜。
おいらにも色々事情があるんだ。


まず、写真を見てほしい。
全部糸巻き予定である(ウッドハンドル2本を除く)。
革巻きはしない。
価格は税別で35万円から70万円。
AbeRichのシャフト2本付き。
マッチングキャップは別売りである(1B2Sで3万円の予定)。


第一弾がまず今回の物で、来年時間のある時に第二弾を作るつもり。
でも確約は出来ない…

フロント材はソリッドな無垢材だから、素材の打感を充分に愉しめる。

フロント材がメープルのラインナップもいずれ出すつもりだが、いつになるか…??いや、やっぱり出さないかも…??


このラインナップ、まず、“音”が良いと思う。
90年頃のSouth Westをイメージして打感やテーパー等をリバイバルしている。
今回の作品は私(ILCCue)としてのSWのオマージュ。
チープなコピーというか、パクリではないことはここにはっきりと記しておく。

『オマージュ』とは、尊敬の意を持って似たような作品を生み出すことである。
先の物により近づき、並びたい、という努力をしているもの。
コピーとかパクリは、ただ単に似せた作品である。




私自身、South Westは好きなキューとしてコレクションしたし、最初にKersenbrockを集めた理由もSWの師匠であると耳にしたからだ。
当時はミーハーだったネ。
キューを集めている人なんてだ〜れも居なかったから、何でもすぐに集まった時代だった。

まずKersenbrockを50本近く集めて、そしてGus Szambotiを集めて、並行してSouth Westを集めた。
SWもすぐに50本ほどになったのだが、集めるのを辞めたのはJerryが心臓麻痺で亡くなってから。
この辺が皆と真逆で、コレクターたちは買い集め、私はストップした。
亡くなる直前に3〜4年かけてオーダーした私のデザインしたキューを、他のお金持ちに横取りされてしまった。たったこの1点で私はとても失望してしまったのよ。スーパーガッカリ!!
この時の心のないLanrieの言い訳が悲しかったが、今となってはもうどうでも良いことだ。
奥さんはあまり気の合うタイプではなかったので大嫌いだったが、私はJerryが大好きだった。今でも大好きである。




もう一度言わせてもらうが、
この撞楽はキュー作りをしていたJerryの作品のオマージュである。

チャンスがあれば、是非どうぞトライしてみてください。



合掌